東部日本ボールルームダンス連盟プロフェッショナル選手会

プロ選手会会長

2019年度、菅井前会長よりバトンを受け取りまして、東部プロ選手会会長に就任致しました清水 基允と申します。
 この度、僕が選手会のリーダーという大役を任される日が来るとは思わなかったので、あらためてその責任の重さを感じております。本年度は、副会長に菅井 学、大下 修弘と、新たに臼井 一史、近藤 誉仁を迎え、新体制で業務を行ってまいります。会員の皆様の為、ダンス界発展のため精一杯務めさせていただきたいと思っておりますので、何卒宜しくお願い致します。

さて、選手会の最も大きな事業でありますアカデミーとフェスティバルですが、例年よりも少しでも楽しくなる様な事業にしていきたいと理事の仲間と共に、趣向を練り進めてまいりたいと思っております。
 会員の皆様もアイデアやご意見がございましたら是非ブロック会議でご発言下さい。皆様の貴重なご意見を参考にし、それを元に理事会で話し合う事により、皆様にとってプラスとなる好機に繋げていきたいと考えております。
 その他の気付かれた事や、東部総局のコンペやイベントはもちろん選手会の事やダンス界の今後の事なんでも大丈夫です。皆様が選手会に興味を持ち、積極的に意見を沢山出しあい、イベントに参加して頂くことが選手会の一番の選手相互の親睦にも繋がっていきます。

選手会の会則の一番に以下の文章がございます。

「本会は選手相互の親睦と選手生活の向上を図り、
併せて、ダンス界の発展を目的とする」

僕たちがいるダンス界は、魅力ある会でなければなりません!選手生活の向上もとても大事です。技術の向上やコンペへの意欲、ダンスがしたいと言う気持ちを大事に出来ればと思います。今年はさらに技術向上の為に、コングレスの復活も検討に入れ、技術部が中心となって取り組んでまいります。

復興支援ダンス振興プロジェクトでは、震災時より進めて参りましたダンスウィズミーのフラッシュモブは3年前の宮城県女川町、2年前は福島県のいわき市での活動を行なって参りました。
 当初の目的は震災地を少しでも元気にしたいという思いで始まった、この復興支援ダンス振興プロジェクトですが、一昨年の岩手県盛岡市では、テレビでも取り上げられ、500人以上もの観客を動員し、全ての皆様にダンスの魅力をお伝え出来たものと自負しております。そして、ダンスを楽しんでいる姿を見るにつけ、徐々に「復興」という目的から「振興」の方に変わってきた気が致しました。
 今年は、復興支援ダンス振興プロジェクトとして東北での開催を予定しながら近隣の県での開催予定も考えており、少しでもダンス界の発展に繋がれば…と思っております。

今年も皆様にとって実りの多い年であると共に選手として有意義な1年を送れますように、選手会のリーダーとして努力してまいる所存でございます。重ねて、皆様のご協力を切にお願い申し上げます。


東部日本ダンス連盟プロフェッショナル選手会会長
清水 基允
選手名鑑の2016年度版の発売を開始いたしました。

選手名鑑の2016年度版の発売を
開始いたしました。

選手名鑑はJBDF東部プロ選手会が3年に一度発行しているもので、当選手会に所属す る全てのプロ選手を写真、プロフィール付きで紹介しています。 ご希望の方はJBDF東部プロ選手会所属選手のお教室にてお買い求めください!!値段 は3800円です。


更新情報

上に戻る

会員専用ページ ログインのご説明

選手会員専用ページをご覧になるには、メニューの「プロ選手会員専用ページ」ボタンを押してください。

ログイン手順

「プロ選手会員専用ページ」ボタンを押すと、下記のようなダイヤログが現れます。
キーボードからユーザ名とパスワードを入力して「OK」を押してください。
ダイアログ

ID/パスワードをお忘れの方へ

各地域のブロック長に、直接お問合せください。

組織情報

東部日本ボールルームダンス連盟プロフェッショナル選手会
事務所

〒101-0032
千代田区岩本町3-1-5
信丸ビル6F
jbdfTEL:03-5823-4073
FAX:03-5823-4076
アクセスマップ